写真集「それでもそれでもそれでも」
写真集「それでもそれでもそれでも」
写真集「それでもそれでもそれでも」
写真集「それでもそれでもそれでも」
写真集「それでもそれでもそれでも」

エッセイ「異なり記念日」 /

[購入]齋藤陽道公式ストア / Amazon

出版社:医学書院
装丁:文平銀座(寄藤文平+鈴木千佳子)
仕様:A5並製 240頁 
定価:2000円+税 
発刊:2018年7月23日 

ISBN-10: 4260036297
ISBN-13: 978-4260036290

 

手と目で「看る」とはどういうことか。
「聞こえる家族」に生まれたろう者の僕と、「ろう家族」に生まれたろう者の妻。
ふたりの間に、聞こえる子どもがやってきた!
身体と文化を異にする3人は、言葉の前にまなざしを交わし、慰めの前に手触りを送る。
見る、聞く、話す、触れることの〈歓び〉とともに。
ケアが発生する現場からの感動的な実況報告。

*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。


 →様々な雑誌、新聞などで紹介されました。(医学書院 HPへリンク)

*******************

序文

男の写真家は聴者の家庭で育ち、 
日本語に近づく教育を受けました。 
(本格的に日本手話を使いはじめたのは十六歳のときです)。 
女の写真家はろう者の家庭で育ち、 
生まれたときから日本手話で語り、聴きました。 

日本語と日本手話は別の言語です。 
言葉が違えば見ている世界も違います。 

やがてふたりは結婚して、こどもを授かりました。 
どうやら聞こえるらしい。聴者です。 
からだが違えば見ている世界も違います。 

そんな「異なる」三人が、 
毎日をどんな風に過ごしているのか――。 
本書は、男の写真家から見た記録です。


目次

1 唄っていた 

2 よく看える 

3 聞こえの兆し 

4 手の物語 

5 生活を見にいく 

6 湯けむりひらめき 

まなみというひと 

7 電話をかけよう 

8 世界はことば 

9 隣接する平行線 

10 Hの字で寝る 

11 すき! すき! すき! 

12 異なり記念日 

あとがき

*******************
 

*『異なり記念日』は、晶文社の『声めぐり』と同時刊行されました。
『声めぐり』は齋藤陽道さんが手話に出会い、他者と交流し、「声」を発見するまでが記されています。
『異なり記念日』では、麻奈美さんと結ばれ、樹さんを授かった後の毎日の「声」のやりとりが描かれます。
そしてどちらも、ブックデザインは文平銀座(寄藤文平+鈴木千佳子)。
二つの異なる出版社から、一人の著者の本が、同じデザイナーによって、同時につくられました。

 

ページトップ

© 2018 Harumichi Saito